グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビへ


ホーム >  ニュース & トピックス > 本学グローバルCOE事業推進担当者の菅敏幸教授らが「光るカテキン」の合成に成功しました。


ニュース & トピックス


本学グローバルCOE事業推進担当者の菅敏幸教授らが「光るカテキン」の合成に成功しました。



「光るカテキン」の合成に成功

  静岡県立大学薬学部の菅敏幸教授らは、独自に開発した合成方法を駆使して、体内での動態解明に役立つ光るカテキンの合成に成功しました。この光る分子を利用して、カテキンが生きた細胞のどこで働くかが、目に見えてわかるようになりました。
  本研究は、静岡県立大学グローバルCOEと静岡県・静岡市地域結集研究開発プログラムの援助により行われ、県立大学薬学部の鈴木隆教授、奥直人教授、伊藤邦彦教授らのグループとの共同の研究成果です。

この成果は、2010年12月に発行される英国王立化学会の速報誌Chemical Communicationsに掲載されます。(DOI: 10.1039/c0cc03676e)

詳しくは、薬学部医薬品製造化学講座ホームページをご覧ください。