グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビへ


ホーム >  ニュース & トピックス > 本学グローバルCOEポスドクの論文が伝統ある雑誌の顔に


ニュース & トピックス


本学グローバルCOEポスドクの論文が伝統ある雑誌の顔に



本学グローバルCOEポスドクの論文が伝統ある雑誌の顔に

本学グローバルCOEのポスドクである薬学研究科 定塚(久富)恵世さんらの論文が、専門図書館協会(Special Libraries Association, SLA)の「過去100年間に最も影響力のあった生物学・医学ジャーナル100誌」の1つに選ばれた『Journal of Plant Research』の3月号に掲載されました。
またその論文の関連で、マルバアサガオの写真が表紙を飾りました。

論文名:
「不完全優性を示すマルバアサガオのA遺伝子座(CHS-D遺伝子)の分子機構の解明」

関連リンク
Journal of Plant Research

過去100年間に最も影響力のあった生物学・医学ジャーナル100誌

(別ウィンドウで開きます)