グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビへ


ホーム > 研究活動 >  活動報告 > 研究成果:領域5


研究活動


研究成果:領域5


大学院生・若手研究者のグローバルコミュニケーション能力向上研究

本学グローバルCOEプログラムにより得られた研究成果を紹介します。

研究領域の概要

外国人英語教員(グローバルCOE特任准教授)と大学院生の指導教員が連携し、少人数セミナー指導により大学院生に不足している点を個別に解明し改善のための手法を研究します。また、オハイオ州立大学に3-6週間程度大学院生を派遣し科学英語のスキルおよび論文作成スキルを学習させるとともに、現地教員を交えた討論の実践的演習指導を通じて、グローバルコミュニケーションの効率的な学習法を研究します。

・大学院生の英語による口頭発表や討論力の不足の原因の究明と改善の手段の研究

静岡県立大学言語コミュニケーション研究センター(別ウインドウで開きます)


科学英語コミュニケーション演習(SHEP)

07年度SHEPプログラム

INTENSIVE ENGLISH STUDY ABROAD PROGRAMS

静岡県立大学科学英語プログラム(SHEP)に3~6週間参加し、日常的な英語コミュニケーションスキルから科学英語オーラルプレゼンテーションスキル、英語論文作成スキルまでの幅広い科学英語コミュニケーション能力の強化をします。

・REPORT: Shizuoka Health Sciences English Program (SHEP) at the Ohio State University

科学英語コミュニケーション演習(SHEP)報告会(2008.1.25)

SHEP07に参加した大学院学生による英語プレゼンテーション(10min/talk)・能力向上の成果が披露されました。また、参加した大学院生による現地教育の内容報告と今後の課題について議論されました。

07年度SHEPプログラム報告会1

07年度SHEPプログラム報告会2

オハイオ州立大学英語研修(「科学英語コミュニケーション演習」)参加報告会についての詳細は、セミナー&イベントの履歴一覧に掲載されています。
オハイオ州立大学英語研修(「科学英語コミュニケーション演習」)参加報告会(別ウィンドウで開きます)